俺物語!!第四話「うちの彼氏(後編)」*画像付ネタバレ解説*

—第四話「うちの彼氏」★前編★はコチラ—

第四話「うちの彼氏(後編)」あらすじ

俺物語シーン1

狭苦しいエレベーターから降りて、合コン会場に向かう一同。
通路に置いてあった物に足が引っかかって、転びそうになるリンコちゃんヽ(´Д`;)ノ

ご心配には及びません!
彼氏、兼ボディーガードのタケオが走りリンコちゃんを軽々と持ち上げました。

「おぉ・・・意外と軽かったー。」

なんか、子ども抱っこしてるお父さんみたいだねww

そして、非常階段が物でふさがってるのを見て、
片付け出すタケオ。。←女子たち引き気味ww

俺物語シーン2

そして、スナのカッコよさに女子たちの目がギラつきます。

女子「わぁー♡カッコイイ!!アレがくまの友達・・・?意外・・・。」

入店して、席についても女子たちはスナに釘付け。
女子A「あの人、見れば見るほどイケメンなんですけど!」
女子B「ぜんぜん喋んなくない?話しかけてみる?」
女子C「てか、最初あの人がリンコの彼氏かと思った!」
女子D「なーんでクマに行っちゃったかなー?」

なんてことをコソコソ話す女子たち。

俺物語シーン3

その一方でタケオは、ビンのフタを栓抜きを使わず素手でポン!!
男子たちはしゃぐ・・・女子たち引く・・・スナ爆笑。
そのスナの笑った顔に女子たちキュン。。

俺物語シーン4

↑合コンの様子。
特に面白くないので省略しますww

途中で女子二人がトイレに席を立つ。

俺物語シーン5

なんだかんだでけっこう盛り上がってる・・・www

しかし席を立った二人がなかなか戻って来ない(´-ω-`)
心配になったリンコは「ウチ、ちょっと見てくるね!」
「俺も行こう!」←さすがボディーガード、リンコの後を追いますww
リンコとタケオがトイレの方に向かっていると、なにやら話し声が・・・。

俺物語シーン6

女子A「いくら何でもデカすぎだってー!!」
女子B「だよねー!あの彼氏はナイわー!!」
女子A「ギリギリ人類だよねー!!」
女子B「あはは!!!」
女子A「リンコ、ひたすら毎日カッコイイって言いまくってるから、どんなイケメンかと思ったらさー・・・。」
女子B「何アレ、ほーんとビビった!ゴリラじゃんね!!」
女子A「アレと一緒に歩く勇気ないわー!!」

などなど・・・タケオの悪口言い放題!!
↑こうゆうヤツいるよねーッヽ(`Д´)ノプンプン

そして、通路でリンコ&タケオと鉢合わせ。←うわーっ・・・きまずー(´△`)

俺物語シーン7

「タケオくんは・・・」

「カッコイイよ!!!すごくカッコイイ!!!」

そしてリンコは泣きながら、走って行ってしまう。。
それを見て、すかさず追いかけるタケオ。

俺物語シーン8

「ヤマトッッッ!!!」
走るリンコの前にササッと立ちふさがるタケオ。←カッケー(*´ω`*)

「ごめんね・・・タケオくん・・・ごめんね・・・。」
「何がだー?」
「友達が・・・タケオくんに嫌なこと言ったから・・・
タケオくん、傷ついたよね・・・ごめんね・・・。」
「俺は何も傷付いていない。」
「でも・・・グス・・・。」

あぁーリンコちゃん、そんなに泣かないで。・゚・(ノД`)・゚・。
(ヤマト、大丈夫だ!)

俺物語シーン9

「人はそれぞれだ。」
「ん・・・?」
「俺の心配はいらん。傷付いたのはお前だろう?
人それぞれだからこそ、俺はお前に逢えたんだ。」

(ヤマト・・・俺はお前が泣くのが辛い。)

「傷付いてない?」
コクリ。
「ホント?」
「無傷だ。」

「それよりも、友達に俺のこと、かなり褒めてくれてたんだな。
・・・ありがとう!」
「タケオくんはホントにすごいね。
ウチ・・・タケオくんのことやっぱり好きだなぁー。
ホントにすごく、大好きだなー。」

俺物語シーン10

「そっか・・・きっとうちの説明の仕方が悪かったんだね!
漠然としすぎて伝わってなかったんだ!タケオくんのカッコよさ!」

「ウチ、戻ったらわかりやすくみんなに言ってみるね!」
「別に俺はいいんだが・・・。」

「でも、ウチ伝えたい!!みんなまだ、本当のタケオくんを知らないだけだから!」

(ヤマト・・・俺は毎日思っている・・・お前に逢えて良かったと。
ずっと・・・こんな日が続けばいいと。)

みんなの所に戻ると、まさかの火事!!(;゚Д゚)!

俺物語シーン11

逃げ惑う人々・・・。
そして、その中にスナを発見!!

「急に火が出て・・・消防呼んだけどまだ来ない!」

みんなの所に駆け寄るリンコ。
そして、悪口言ってた二人(名前わかんないから、以下A子とB子ねw)がまだビルの中にいることを知る。

それを聞いてたタケオは頭から水をかぶる。

俺物語シーン12

「ここで待ってろ!!!!必ず連れてくる!!」

そう言ってタケオは炎の中へと消えて行った。

俺物語シーン13

(ヤマト・・・心配するな!お前の友達は・・・俺が助ける!!)

一人目発見!!!!
A子を担いで外へ避難させる。

俺物語シーン14

「あと一人だな!!」
タケオは休む暇なく、また炎の中へ飛び込んで行く!

A子「ゲホッゲホッ・・・なんか、ものすごく力強い獣に運ばれたような・・・。」
↑この女、助けてもらってまだそんなこと言ってやがんのか(╬◣д◢)!!

一方タケオは、炎の中をB子を探し回っていた。

・・・B子発見!!!

しかし!!

俺物語シーン15
上から瓦礫?が落ちてきて、間一髪でタケオはB子をかばって瓦礫を支えた。

「行けー!!!」

自分は瓦礫を支え、B子を外に避難させるタケオ。

無事に外へ避難したB子はスナとリンコに支えられながら、
「彼氏が・・・ヤバイ・・・かも・・・。
ウチのこと庇って、取り残されて・・・。」と告げる。

俺物語シーン16

その頃タケオは・・・
(さすがに、ここまでか・・・。)と諦めていた。

(思えば最近、幸せすぎたな・・・俺は・・・。
ヤマト・・・お前のおかげだ・・・。
お前のために死ぬなら、悪くない人生だ・・・。)
可愛いリンコの笑顔を思い出しながら、タケオは力尽きそうになっていた。

俺物語シーン17

ピピピピピッ・・・
その時、タケオのケータイが鳴った。
相手はスナだ。
「タケオ、聞こえる?
あのさ、ヤマトさん!今にも火の中飛び込みそうな勢いだから。
そういう訳だから、お前・・・なんとか早いとこ帰ってきてくれる?」

電話越しに「タケオくーん!!!!」とリンコが泣き叫ぶ声が聞こえる・・・。

「お前いないと、俺も辛いじゃん・・・。」

俺物語シーン18

(泣くな・・・ヤマト・・・俺のために泣くな・・・。
俺の心配はいらん、笑っていてくれ・・・。
俺はお前が泣くのが、何より辛い・・・。)

そう思いながらケータイの待受の笑顔のリンコを見つめる。

(ヤマト・・・俺は・・・生きるぞ・・・。
生きて・・・この手で・・・。)

俺物語シーン19

俺物語シーン20

窓をブチ破って外へ飛び出したタケオ・・・。

(ヤマトを・・・幸せにするのだー!!!!)

俺物語シーン21

タケオ、無事生還!!!

俺物語シーン22

「タケオくーん!!」
駆け寄るリンコをギュッと抱きしめるタケオ・・・。
タケオの背中の火をカバンで消すスナ・・・。←www

(ヤマト・・・二度とお前を泣かせはしないと誓う!!)

女子一同「あの・・・ありがとうございました。」

「うむ!」とうなずき、キラキラした笑顔を見せるタケオ。
タケオの男らしさに、今さらキュンとする女たち。

俺物語シーン23

帰り道・・・。
「あのね、タケオくんのカッコよさについて、ウチの言い方が悪かったなと思って・・・。」←なんていい子なの( ;∀;)
女子A「もうわかったよ、リンコー。つか、ごめん・・・ウチラが間違ってました。」
女子B「あんたの彼氏、イイ男だ!」
女子C「そして、あんたもイイ子だ!」
女子D「うんうん!」

「あっ!取らないでねー(>_<)」
女子一同「取らねーわー!!」

一方男子・・・。
「俺、お前は老衰以外で死なない気がする。」
「そうか?」
「うん。」

俺物語シーン24

その夜・・・。

ピロピロン♪
リンコからメール(・∀・)

(春だなー・・・春はいいなー・・・。)
パンチパーマに甚平姿で、しんみり夜空を見上げるタケオでしたww

俺物語!!第五話「俺はニブイ」予告

俺物語予告4
絆がより深まったタケオとリンコ。
次回は・・・いよいよチュウ!?(*´д`*)ハァハァ
お楽しみに!!

—第五話「俺はニブイ」★前編★はコチラ—

★ランキング参加中★
可愛いこの子達をクリックお願いします(_ _*)

にほんブログ村 アニメブログへ

*スポンサードリンク*

コメントを残す

サブコンテンツ

❀自己紹介❀


管理人のマルニャンと申します★ 当ブログに来訪していただきありがとうございます(´ω`*)

このブログでは、ジャンルにこだわらずに色々な情報を発信していこうと考えています。

たくさんの方に読んで頂けるようにコツコツ頑張りますので、よろしくお願いします★

❀Feedly ❀

follow us in feedly

このページの先頭へ

アクセスランキング