僕だけがいない街★第一話『走馬灯』あらすじ*感想

衝撃の話題作!!ついにアニメ化!!

「リバイバル」という特異な体験をすることができる主人公、藤沼悟。
平凡な暮らしをしていた彼に待ち受ける凶悪な事件。
SFミステリーがついに解禁です!!
第一話のあらすじ・見どころ・感想をまとめてみました(・∀・)

★あらすじ★

一話 1
主人公、藤沼悟29歳

一話 2
漫画家としてデビューするが、なかなか芽が出ず、ピザ屋のアルバイトをして生計を立てる日々を送っていた。

一話 5
ピザ屋のバイトの宅配の途中で、悟は自身が引き起こす特殊な現象(身近に起きる起きる「悪いこと」が起こる直前まで時間がさかのぼり、その原因が取り除かれるまで何度でも繰り返される)
「リバイバル」の結果、交通事故に遭ってしまう。

一話8
幸い軽傷で済んだものの、心配して来た母親の佐知子と同居することになった。

一話9
二人で行ったスーパーの帰り道、リバイバルが再び悟に訪れる。

一話 4
今度は何事もなく、無事帰宅する悟だったが、ふいに佐知子から「スーパー前で誘拐事件が未遂に終わった」という不穏な言葉を耳にする。

一話 6
そしてバイト先から帰ってきた悟は、信じられない光景を目にするのだった。

———————————————

一話 7
帰宅した悟の前にあったのは、刺殺された母・佐知子の亡骸だった。

一話10
元テレビ局報道部に勤めていた彼女は、スーパーで未遂に終わった誘拐事件を独自に調査し、ある真相に辿り着いていたのだ。

一話11

一話 3
それは18年前に北海道の街で起きた、児童誘拐殺人事件との繋がり…。

一話12
殺害された母を前にした悟は、現場を目撃されたことで容疑者として警察に囲まれる。

一話13
必死の思いで逃げ出した彼の前には、目を疑う風景が広がっていた。

一話14
そこは18年前。
かつて幼少時代を過ごした、昭和63年の北海道・・・。

★公開PV第2弾 動画★

★感想★

原作は見てないので、全く事前情報ナシで見ました(´∀`*)
ただのミステリーではなくて、SF?の要素もアリですごく面白かった!!

そして、悟のお母さんが「~だべさ。」とか
北海道弁?とりあえず訛ってるんだけど
声がコナン君だからね、なんかウケタww

だべさ・・・

だべさ・・・

バーロー(・∀・)

小学生に戻った悟がどうなるのか・・・
その時に起きた誘拐事件のナゾとか・・・

まだまだ展開が読めないね★

誘拐事件を未然にふせぐのかな?
それとも真犯人をさがすのかな?

ま、どっちもだろうねwww

雛月とのラブはあるんだろーか(o´艸`)
29歳(見た目は子どもw)と10歳少女のラブ!!
ちゅーもくです(`・∀・´)

と・に・か・く
今後の展開に期待です((o(´∀`)o))ワクワク

みなさん楽しみましょー(・∀・)

一話15

僕だけがいない街★第二話『掌』あらすじ*感想
舞台は昭和63年!!小学生へさかのぼる

*スポンサードリンク*

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

❀自己紹介❀


管理人のマルニャンと申します★ 当ブログに来訪していただきありがとうございます(´ω`*)

このブログでは、ジャンルにこだわらずに色々な情報を発信していこうと考えています。

たくさんの方に読んで頂けるようにコツコツ頑張りますので、よろしくお願いします★

❀Feedly ❀

follow us in feedly

このページの先頭へ

アクセスランキング